3つのダイエットを同時進行で効果的に痩せる!

私は、スムージーダイエットとえごまダイエットと、測るだけダイエットの3つのダイエットを行っています。
毎朝、スムージーを飲んでいます。
時には、小松菜を入れてグリーンスムージーにしています。
嫌いな野菜でも簡単に飲むだけで栄養分が十分に摂れます。
私は、朝食は食べず、スムージーだけを飲んで仕事に出かけます。
しかし、理想は食事の40分前に飲むのが効果的です。
飲んでから40分程で満腹感を感じるからです。
食事の量を減らす事が出来ますので、食事制限をしたいときには効果的です。

 

 

えごま油を混ぜてさらに効果アップ!

えごま油は、スムージーに混ぜて、一緒に飲んでいます。
えごま油には体脂肪を燃焼させる効果があります。
「αリノレン酸」と言う成分があって、それは油を分解して脂肪を身体に溜まりにくくする働きがあります。
えごま油と言っても茶色が濃いものや、油っぽく水分と直ぐ分離してしまうものなど色々ありますが、なるべく透明な物を選ぶと良いです。

 

 

ダイエットを測ってグラフ化してやる気をキープ!

測るだけダイエットは、毎朝毎晩測るのですが、その日の食生活などがダイレクトにグラフに現れますので、視覚的にうったえてきます。

 

自然と食べる量をひかえるのが狙いのダイエットだと思います。

 

3つのダイエットをしているのでどれが効いたかわかりませんが、これらを始めて2ヶ月くらい経ちます。

 

2.5Kg減りましたので効果はあると思います。

 

 

副業や掛け持ちが完全禁止だからキャッシングを利用

普段の浪費癖が影響して月末の給料日までお金がない。ほぼない。入ってきたらとにかく使っちゃう癖が治らない。

ある時インターネットでキャッシングに関する情報を調べました。

 

多くの人がこのキャッシングを利用しているみたいですね。

 

日本全体で1000万人以上が、利用しているとか、10人に1人以上使っている計算になりますね。

 

そう考えると、消費者金融ってどれだけ儲かっているんだよ、、と思うけど、
とにかく今の自分はそこまでせっぱつまっています。毎月月の半ばを過ぎる頃にはもうお金がないんです。

 

原因はそうギャンブルもあります。私はとにかくパチンコが好きなので、お金を使ってしまうんです。

 

このお金を使ったらやばい!と思いつつも使ってしまう癖が治らない。そんな時は自分を励ましながら、、自分の働いたお金を使っているんだからいいだろと。
どうしようか。お金を稼ぐために、アルバイトでもしようかな。ただ、会社は副業禁止にされているし。ばれたら、それこそクビになってしまう。
となると、やはり消費者金融を利用するしかないのかなという結論に至りました。

いろいろと調べてみると、無理な取り立てもされないみたいだし、職場に確認を入れるといっても、消費者金融を名乗らないということだし、まずは申込みをしてみて、消費者金融のカードを作っておくことにします。

 

カードを作っておくだけでもだいぶ違いますからね。いざというときに使える!という強みが
あると強いですからね。
ただ、このままずるずる行ってしまうのは危険ですね。どこかで自分を変えていかないと。

 

企業に勤めながら給与の半分以上を投資に回す

私は企業に勤める傍ら、将来安泰のために投資をしています。現在私は中小企業に勤める一般サラリーマンですが、平均よりも給与も賞与も少ないと自覚している状況です。

 

そんな状況に危機感を感じ、今から3年ほど前から株式へ投資を始めました。ちょうど安倍政権が政権を奪回して企業全体のムードがよくなりかけたときです。

 

投資割合でいうと、確定拠出年金や株式投資などが主です。
サラリーマンということもあって、株式投資については頻繁に売買もできず、ある種の積立投資のようになっています。

 

株式投資というものはいきなり資産が倍々で増えるものではありませんが、元々の投資額が少ないため遅々として資産の増加が進みません。
こうした中で、貯金もしなければと考えると自分自身に割くお金がかなり限定されてしまい、まさに自縄自縛の状態が続いています。かといって投資をやめるという考えも無いため、最近は将来と現在のバランスやいい年ですので結婚などがあった場合など色々と考えてしまい悩んでいます。

 

私が狙っている株式は基本的に業種や業績が安泰している成長企業株で、将来的に株価が落ちる見込みがないところ限定に長期投資をしているわけですが、現在の生活を犠牲にしながら投資を続けていくべきなのか正直迷うわけです。

 

ただ、株価も順調に伸びてきて、さらに年間200万円ほどを投資に利用することができているため、将来に見通しは高いと思っています。

 

今を犠牲にして将来安泰を目指すのか、今を充実させるために今お金を使うのかあなたはどちらの方法を選ぶでしょうか?

 

私は完全将来のために今の生活を犠牲にする派です。

 

 

ママ友の付き合いでお金がかかりすぎて現金を貯める方法を考えないといけない

2人の子供を持つ主婦のAさんの場合

 

ママ友の付き合いはお金がかかりすぎる!

現在子供が二人とも私立の小学校に通っています。しかも、二人は違う学校なんです。そうするとお母さんとのお付き合いは倍あるようになります。

お付き合いにお誘い頂いて断ってしまうと、子供同士の仲にも支障があるのではないかと思い、お受けしている現状です。

毎週のようにランチや夜の飲み会などたびたびのお誘いで、かなりの出費になります。1回のランチで3000円、夜の飲み会になると5000円は簡単に吹っ飛んでしまいます。

私立に通わせている家はみんな裕福なんじゃないの?と思うかもしれませんが、そんなこともありません。我が家のようにぎりぎりの給料で子供のために通わせている家庭も多いのです。しかし、裕福な人に合わせていかないと乗り遅れてしまうことになるのではないかと思い、呼ばれていかなければなりません。

たまにならいいのですが、それが毎回となるとかなり痛いです。しかも、それは想像していたよりもはるかに回数が多いのです。なんとなく入学する前には月に一度くらいあるのかなと思っていましたが、実際には週に一度はどちらかの学校のお友達からお誘いいただきます。

お断りすることもできず、非常に辛い出費となっています。

 

ママ友の付き合いは避けては通れない現実となりますよね。できればお断りをしたいところかもしれませんが、そうすると子供を孤立させてしまって教育に悪いのではないか?と心配になって断ることもできませんね。

 

中には自分を大きく見せようと頑張って消費者金融やカードローンからお金を借り入れる人も多いとかいう話もあります。消費者金融の利用者は以外にも主婦の方の利用が多いですからね。

 

どうしてもお付き合いにはお金がかかってしまいます。

 

そこでオススメしたいのが現金を調達する方法を知っておくということです。どうしても働かなければならないけど働くことができない人もいるでしょう。

そんな人は自宅でできる金策を考えてみましょう。ヤフーオークションでもいいじゃないですか。あなたの地域にしかない限定商品を欲しい人だっているかもしれませんし、あるいはあなただけのアイディアを売るでもいいんですよ。あなたにしかない画期的なアイディアが価値を生み出すことだってあるんですからね。

 

困ったらいろいろ探してみる。これにつきます。

 

常にお金が貯まらない原因を分析~キャッシングを利用したきっかけ

 

私は買いたくなったら買わずにいられない、典型的な浪費癖を抱えた人間です。
給与が出ると、貯金などはせずにお金が無くなるまで使いきっていました。
タバコは毎日1箱以上吸って、月に1万円以上にかかっています。

サッカー観戦が趣味で衛星放送を契約していますが、その出費が毎月3千円ほどあり、
ネットゲームにも手を出してしまっています。

現在は正社員として働いているため、貯金がなくても働けばいいと考えていたのですが、
車が突然壊れて急な出費に対応することができなかったことをきっかけに、
消費者金融を利用することになりました。
貯金をしなくても問題ない、毎月決まった日にお金が入ってくるから大丈夫だという
気持ちで入ってきたら入ってきた分だけお金を使うことを繰り返していたことが、
結果的に自分に跳ね返ってきたのです。

急な出費がきっかけで利用したキャッシングサービス

消費者金融はプロミスに申込みをしました。

会社に在籍確認?をされたのかは不明ですが、申し込んだ翌日に審査通過の連絡を受ける
ことができたのです。
ただ、一つ問題なのが毎月返済していかなければならないということです。

30万円を利用したので毎月の返済額が1万円ほどになってしまいます。

当然今までのようなお金の使い方をしていてはお金が足りなくなってしまいます。
見直したのは固定費
私は食費にそこまでお金を掛けるタイプではないので、削れるところは固定費だけでした。

携帯電話の他の契約している、タブレット用のwimaxは解約です。これで4000円。

さらに、衛星放送を解約して、新聞の購読も辞めて、何とか1万円をねん出することができました。

現金を調達する方法は信用を作っていくこと

現金を調達するためには大きくわけて2通りの方法があります。自らの手で稼ぎだす方法とお金を誰かに借りる方法です。自らの手で稼ぎ出す方法はとにかく時間がかかってしまいます。

月末の支払いのためにお金が必要だと思ってもスケジュール的に給料日払いの仕事を入れることができなければ稼ぐことはできません。

 

そこで選択する方法はお金を借りる方法になります。

 

見ず知らずの他人にお金を貸しだす人はいない

あなたがもし道を歩いていてお金に困っているから助けて下さいとせがまれたらお金を貸しだそうと思うだろうか?まず貸し出そうと思う人はいませんね。

 

どうして見ず知らずの他人に対してお金を貸しだそうと思わないんでしょうか。当然恩を感じてもいません。何一つその人に対して感情を頂かないからでしょう。美人だったら?イケメンだったらどうでしょう。貸し出しますか?それもあり得ないことでしょう。

 

騙される可能性もある。帰ってこない可能性の方が高い。単純に考えてリスクの方が高いからです。

 

それと同じことをしているのが銀行であり消費者金融会社です。見ず知らずの申込者に対してお金を貸しだすわけです。

 

当然どういう人かを知らないといけません。金融会社が知りたいのは信用があるかどうかということです。当然一人ひとり面接と面談をするわけにはいきませんから、状況と書類で判断をするのです。

 

実際に働いて安定した収入があるかどうか、過去に滞納していたりしないかどうか、会社に対して在籍を確認することです。

これらの情報を得ることでしっかりと返済をしてくれる人かどうかが分かるのです。

 

お金を借りることができる人は信頼が高い人だけです。実際に借りてしっかりと返済をしてくれなければ金融会社は利益を出すことができません。10万円を貸して10万円丸々回収できなければただの大損です。金融会社はそのようなリスクは絶対に避けなければいけません。

そのため、貸し出しをする人は慎重に慎重に選ぶわけです。