現金を調達する方法は信用を作っていくこと

現金を調達するためには大きくわけて2通りの方法があります。自らの手で稼ぎだす方法とお金を誰かに借りる方法です。自らの手で稼ぎ出す方法はとにかく時間がかかってしまいます。

月末の支払いのためにお金が必要だと思ってもスケジュール的に給料日払いの仕事を入れることができなければ稼ぐことはできません。

 

そこで選択する方法はお金を借りる方法になります。

 

見ず知らずの他人にお金を貸しだす人はいない

あなたがもし道を歩いていてお金に困っているから助けて下さいとせがまれたらお金を貸しだそうと思うだろうか?まず貸し出そうと思う人はいませんね。

 

どうして見ず知らずの他人に対してお金を貸しだそうと思わないんでしょうか。当然恩を感じてもいません。何一つその人に対して感情を頂かないからでしょう。美人だったら?イケメンだったらどうでしょう。貸し出しますか?それもあり得ないことでしょう。

 

騙される可能性もある。帰ってこない可能性の方が高い。単純に考えてリスクの方が高いからです。

 

それと同じことをしているのが銀行であり消費者金融会社です。見ず知らずの申込者に対してお金を貸しだすわけです。

 

当然どういう人かを知らないといけません。金融会社が知りたいのは信用があるかどうかということです。当然一人ひとり面接と面談をするわけにはいきませんから、状況と書類で判断をするのです。

 

実際に働いて安定した収入があるかどうか、過去に滞納していたりしないかどうか、会社に対して在籍を確認することです。

これらの情報を得ることでしっかりと返済をしてくれる人かどうかが分かるのです。

 

お金を借りることができる人は信頼が高い人だけです。実際に借りてしっかりと返済をしてくれなければ金融会社は利益を出すことができません。10万円を貸して10万円丸々回収できなければただの大損です。金融会社はそのようなリスクは絶対に避けなければいけません。

そのため、貸し出しをする人は慎重に慎重に選ぶわけです。